金製品でも、買取の価値がないものってありますか?

金製品に価値があるかは、買取業者でなければ判定できません。

これを極端に解釈すれば、“業者の言いなり状態”なのが実態です。

諦めたほうがいいものもあります。

●買取してもらえない金製品もある。

金の宝飾品や装飾品は、それ自体は金の買取の対象になっていますが、実際に買取してもらえるかどうかはショップに持ち込んでみなければ分りません。

持ち込む前に素人が可能かどうかを判断できるのは、保証書・鑑定書など、購入時の証明書があるものだけです。

それでも露天商から買ったものや、期間限定で開催されているフリーマーケットでの購入品はあてになりません。

●工業製品・危険物は買取不可能。

たとえば法律で定められている産業廃棄物に相当するパソコンなどの工業製品(基板など)は、リサイクルショップに持って行くもので、金の買取では応じてもらえません。

ライターなどは危険物に当たります。

年代物で安全が確認されない限り、金の買取ショップでは引き取ってもらえません。

その他、メッキ品や金歯など、金のグレードが特定しにくいものは買取不可能です。

●訪問買取と称して、「何でもOK」という買取スタイルには裏があります。

実際には選り好みされ、二束三文で終わります。

訪問買取は、自宅に来てもらえる便利さから利用者が急増していますが、その実は、買取業者に目的とする貴金属だけを強引に買取られるだけです。

しかも利用者が買取って欲しい金製品は大半が二束三文となるなど、消費者庁への苦情申立て件数も増加しています。

来られてしまえば脅迫まがいの買取にも応じざるをえません。

気をつけてください。

Comments are closed.