金の買取店に「高価買取!」とあるのは信じていい?

高価買取とか業界最高値などのうたい文句、金の買取ショップでは当たり前のキーワードになりました。

そんなことがあり得るのでしょうか。

考えてみましょう。

●手数料の大幅値引きはあり得るのか?

ネットで金の買取業者やショップを調べると「金の高値買取!」とか、「業界最高値!」などと宣伝しているサイトがあります。

金はその日の相場がオープンになっているので、基本的にはその価格が基準になりどこに買取に出しても大きな違いはないはずです。

つまりその店が業界最安値の金の買取を実行しているなら、手数料を大幅に値引きしていることになります。

実際に、そのようなことが可能なのか、疑ってみる必要があります。

●客がみることのできないバックヤード。

金は業者が買取ってからリサイクルに出すまでの経路が決まっています。

金を溶かして延べ棒の一部になるか、そのままリサイクルショップに買取されていくかです。

純度の高い金で重いネックレスなどは高値の可能性がありますが、実際には、それを利用者が店頭で知ることはできません。

「純度が低い」、「××グラムでした」と言われれば、それを受け入れるしかないのが現状です。

良心的なところは計量器を客の前で使って見せてくれますが、大半の店は奥の場所で計量します。

●業界最高値での買取とうたっていても、根拠がなくいくらでも操作できるのが買取の現場です。

客をだますのは簡単なものです。

金の買取ショップがなぜこんなに流行しているかというと、流通経路がハッキリしていて単純で、その割には利益が大きいからです。

利益が大きいということは、客をだましやすい商売ということです。

業界最高値はウソが大半なので気をつけましょう。

Comments are closed.